鑑定士とは・・・

メインは店頭での買取業務

鑑定士が行う主な仕事は、店頭での買取業務がメインとなります。
お客様がお持ちになった商品の査定を行い、金額に納得されたうえで買取をさせていただきます。
査定については、商品をしっかりと見て、適正な金額で買い取る能力が求められます。
いろいろな知識やスキルが求められますので、まずは鑑定士としての社内資格を取得することから始めます。
といっても、リモートサポートが充実していますし、全鑑定士の9割は未経験からのスタートで、
資格を取得するためのしっかりとした研修やフォロー体制が整っているので安心して勉強を行えます。

お客様の喜びがやりがいに・・・

鑑定士は、直接お客様に対応するため、買取が成立した際に「ありがとう」や「家の中がすっきりして助かった」などの喜びのお声をかけていただくシーンでやりがいを感じられます。
1日の来店人数は多い時で20人を超えることもありますが、”お客様に喜んでもらうためにどうすればいいか?”と、お客様1人1人にしっかり向き合い対応していく気持ちが大切です。

真の鑑定士であるために・・・

鑑定士の仕事で大変なところは、コピー品の診断や査定金額の見極めです。
日々持ち込まれる商品の中にはコピー品もあり、年々クオリティが上がっているコピー品を見極めるのは難しいところ。
社内や社外から情報を合わせるとともにリモートサポートも充実しているので安心です。
正しい査定ができるように”常に冷静な視点で見極める”という心がけで改善・勉強に努めていただくことが重要です。

査定・買取以外の業務って・・・

査定や買取以外にも、お客様がいらっしゃらないときには店舗の清掃やバックヤードの整理・周辺地域へのチラシ配布を行ったりもします。

研修・スタッフ同士の雰囲気は・・・

未経験の方でも鑑定士になるためのプログラムと継続的な育成制度が充実しています。
「人間関係で悩むことがない」という声もあがるほど、困ったときでも相談しやすい雰囲気が魅力です。
人とふれあう仕事が好き、自分から何かをやりたいという個性を生かした仕事をしたい人におすすめです。

1日のタイムスケジュール

9:45
出社・開店準備
店舗内の清掃や看板の設置、全店舗での朝礼を実施。
10:00
休憩
お客様が来店されるといつ休憩できるかわからないので、大きな休憩は開店前に!
11:00
店舗オープン
お客様が来店されたら最優先に対応。
お客様がいらっしゃらないタイミングでは、バックヤードの整理や事務作業。
18:45
閉店
閉店作業と明日の準備作業。
19:00
退社
仕事終わりにほかのスタッフとご飯に行くこともしばしば・・・笑